ゲリラ豪雨や台風に備えを 水田の水はけと土づくり

2019年11月27日 [お知らせ]
info_191127-5.jpg

花咲タマネギ推進協議会では、10月4日にあわら市角屋の圃場において加工・業務用タマネギ排水対策実演会を開催しました。

水田から園芸作物に転作する際の土づくりに有効な手段を学ぼうと企画されました。最初にクボタアグリソリューション推進部の担当者から「大事なのは地表排水。二重暗きょは効果が高いことが分かった。畝立て、盛り土をする場合、有機物が少ない土を底から持ってくると畝の上に水がたまるので注意しましょう」と資料をもとに詳しい説明がありました。後半はカットドレーンmini、モミサブローといった農機具を使った実演に、参加者の関心も高く、畑を掘り起こして断面を確認するなどしていました。ソバ、大豆、大麦などの排水対策にも効果的とのことです。