石墨慶一郎氏を讃えて田んぼアートを実施

2019年6月21日 [お知らせ]
info_190621-3.jpg

坂井市丸岡町高椋地区たかむくのまちづくり協議会は5月12日、同協議会オリジナルキャラクター「たかちゃん・むくちゃん」をデザインした田んぼアート田植えを行いました。

平成20年より行い12回目。高椋小学校3年生を中心に学童約60人のほか保護者や丸岡町舟寄地区住民らが参加しました。

小寺専務は「植えた稲がすくすくと育つように、ここに集まった児童たちも健やかに成長してほしい。今日は一生懸命田植えをしてください」と話し、神事・開会式後は同市舟寄地区佐藤貞昭氏耕作田にて田植え体験を行いました。今年も小学生のほか福井大学の留学生23人や同JA職員3人も参加しました。参加した児童は、圃場を泳ぐ蛙に怯えたり「足の指の間を泥が抜ける感触が気持ち悪い」や「上手に歩けない」と苦戦した様子でしたが、徐々に慣れてきたようで、初めての泥の感触を楽しみました。