食農教育充実を願い寄付金贈呈

2019年3月18日 [お知らせ]
info_190318-4.jpg

オリジナルブレンド茶である「大豆入り麦茶」の昨年売上の一部を坂井市とあわら市に寄付しました。

大豆入り麦茶は当JA管内で栽培されている六条大麦と大豆を使用し、栽培振興と消費拡大を目的に平成22年4月から販売しています。価格は1本100円で昨年は86,880本販売し、1本あたり3円を人口比で按分して坂井市に200,000円、あわら市に62,000円寄付しました。(千単位で切り上げ)

地域貢献活動の一環として取り組み、両市の食農教育や学校教育に活用してもらう事を目的に今回で9回目です。2月15日には坂井市へ、2月18日にはあわら市へ寄付し、冨田勇一組合長は「大豆入り麦茶はおかげ様で高い評価をいただいている。今後も市の会議やイベントなどでも活用いただきたい」と目録を手渡しました。佐々木康男あわら市長は「毎年の寄付に感謝する。寄付金は教育発展に活用させていただく」と話しました。