交通事故防止のために11基のカーブミラーを寄贈

2018年11月26日 [お知らせ]
info_181126-4.jpg

当JAは、あわら市と坂井市にカーブミラーを計11基寄贈しました。

10月24日に、当JA小寺洋一代表理事専務らが、あわら市役所を訪ね、佐々木康男市長へ目録を手渡しました。小寺専務は「カーブミラーなどの寄贈は、2007年から交通事故防止対策活動の一環として取り組んでいる。共済事業を行う中で交通事故防止対策を行い、地域の交通安全運動に協力したい」と熱意を伝えました。佐々木市長は「今年は自然災害により破損した個所が多く、新しい道も出来ている。破損個所との交換や、市民からの要望の多い場所に設置したい」と感謝しました。

坂井市には11月9日に寄贈しました。