祝!なかばん農園設立10周年

2018年8月23日 [お知らせ]
info_180823-8.jpg

あわら市の農事組合法人「なかばん農園」設立10周年式典・祝賀会が8月5日、当JA芦原支店瑞宝殿で開かれました。

法人の組合員やあわら市長のほか、JA職員や農機具メーカーなどの取引関係者ら84名が参加し、10周年の節目を盛大に祝い、さらなる発展を祈念しました。

なかばん農園は、2008年に法人化し、今年は水稲約47ha、麦と大豆で約25haを栽培しています。

式典で、なかばん農園堀江治幸代表理事は「農業を取り巻く情勢は厳しいが、そのなかで良い米を作ろうと取り組んできた。組合員らの支えがあってここまでやってこられた。今後は日本の農業を牽引できるよう努めたい」と式辞を述べ、小田隆治芦原支店長は「なかばん農園はコスト低減や省力化を進め、今年は水稲栽培をすべて直播にされた。いちほまれ栽培や水田園芸拡大にも取り組まれ、お米コンテストで最優秀賞を受賞するなど様々な賞を受賞されている。今後も益々の発展を祈念する」と祝辞を述べました。