農業を次世代へ繋ぐために「ちゃぐりん」を贈呈

2018年6月20日 [お知らせ]
info_180620-4.jpg

当JAとJAはるえは5月10日、あわら市と坂井市の教育長に食農教育誌ちゃぐりんを贈呈しました。

小学生に食の大切さと、農業の役割について理解を深めてもらうことを目的に毎年贈呈し、今年で6年目となります。両市の小学校3年生から6年生の各学級に、本年6月号から翌年5月号まで計2,196冊を贈呈します。

小寺洋一専務は「読みやすいよう工夫している。食農教育に活用してほしい」と目録を手渡し、川元利夫坂井市教育長は「教材として使い、地元の野菜を口にできる大切さを伝えたい」と感謝を述べました。

このほか当JAでは、食農教育誌ちゃぐりんを活用し、小学生へ食育の出前講座を実施する予定です。