郷土料理をTV取材

2018年5月31日 [お知らせ]
info_180531-6.jpg

坂井地区では「ぼっかけ」と呼ばれる郷土料理があります。

昆布とカツオのだし汁にゴボウや人参、こんにゃくや厚揚げを入れしょうゆで味付けしたものをご飯にかけて食べます。兵庫地区では冠婚葬祭時などに振舞われ、地域に親しまれてきました。

3月27日には同地区の定池りゆ子氏が、テレビ大阪制作/テレビ東京系列全国ネット「和風総本家」の取材を受けました。同番組は日本が誇る和の世界を取り上げており、番組のワンコーナーとして日本各地の郷土料理を紹介しています。この日は定池氏の手際のよい調理工程などを撮影し、定池氏は「今はご飯にかけるより汁物として食べているが、先人から伝えられてきたやさしい味を若い世代に伝えていきたい」とぼっかけに対する思いを語りました。同番組は6月2日(土)に放送される予定です。