きららの丘の苗物市は品ぞろえ抜群

2018年5月31日 [お知らせ]
info_180531-4.jpg

当JAきららの丘は4月21〜30日まで、恒例の苗物市を開きました。

坂井北部丘陵地の生産者約30人が丹精込めて栽培した野菜苗や花苗が販売されました。苗物市の商品は品質が良い上、丈夫だと評判が良く、家庭菜園用などに買い求める人が訪れました。

人気の高いナスやキュウリ、トマト、ウリ、サツマイモ、スイカ、メロンなどは多品種を用意。自根苗や品種に合わせて接ぎ木したものなど、約130種類の苗を並べました。また、庭先を彩るカラフルな花苗もよく売れていました。福井市から訪れた人は「去年ここで買った苗でおいしいサツマイモがとれたので、また買いに来た」と話しており、リピーターの多さもうかがえました。

苗物は5月中旬まで取り扱っており、約5万本の販売を目指しています。