県1JAに向け合併協議会設立

2018年2月21日 [お知らせ]
info_180221-2.jpg

県1JAを目指す県JA合併促進協議会の設立総会が1月15日、福井市の県農業会館で開かれ、協議がスタートしました。

協議会には県内12JA全てが参画しており、2020年4月1日の合併を目指します。

総会には協議会の委員ら約65人が参加。田波俊明JA県5連会長が「革新的なJAとして基準となる方向性を出し、組合員のための組織としたい」とあいさつしました。

議事では協議会の規約や事務局の設置要領、合併基本項目など4議案が承認されました。設立趣意書によると、農業者の所得増大やJAの総合事業のメリットを発揮するため、県域での組織再編の必要性を訴えています。合併は12JAを1JAに統合した後、連合会の包括継承を行う予定です。名称は福井県農業協同組合とし、組合員や事業・財務、職員は合併組合に引き継ぎます。19年6月の合併予備契約締結、同7月の合併総会の開催に向け、経営計画書や合併予備契約書などの重要事項を協議していきます。