交通事故防止を願いカーブミラーなどを市へ寄贈

2017年12月21日 [お知らせ]
info_171221-7.jpg

当JAはあわら市、坂井市へカーブミラーを12基と、飛び出しくんを283基寄贈しました。

共済事業での交通事故防止対策活動の一環として2007年度から取り組み、今年で11回目となります。冨田組合長は「共済事業を取り組む中で交通事故防止対策を行い、地域の交通安全運動に協力したい」と熱意を伝え、橋本達也あわら市長は「毎年協力していただきありがたい。本年は台風21号により破損した個所や、市内の危険な道路に設置したい」とお礼を述べました。

寄贈したカーブミラーや飛び出しくんは、市内の保育施設や道幅の狭い道路に設置されます。