形、大きさ、葉色良好!浜四郷こかぶ目揃会

2017年12月21日 [お知らせ]
info_171221-5.jpg

11月20日、当JA浜四郷集荷場にて「コカブ目ぞろえ会」を開催し、生産者や市場関係者ら約40名が出席しました。

竹内軟弱野菜部会長は「今年は台風被害もあり、出荷が困難な野菜もあるが、コカブの出荷に期待している」と話し、冨田組合長は「コカブはここへきてよくなった。高く売れるよう努力していきたい」と述べました。

生産者は平成29年度の出荷計画・規格の説明を受け、結束例、箱詰めレイアウト、箱へ記入する注意事項などをおさらいしました。福井県経済連の江上氏は販路拡大について触れ「安定した出荷をお願いしたい」とコメント。また坂井農林総合事務所松下氏より今後の管理とコナガ防除について解説がありました。目ぞろえ会終了後は、コカブの出荷作業が行われ、注意事項にそって順番に荷おろしをする生産者の姿が見られました。