幸水梨に代わり豊水梨の出番

2017年9月28日 [お知らせ]
info_170928-5.jpg

花咲ふくい園芸組織協議会梨専門部会は8月9日、幸水梨の目ぞろえ会を当JAフルーツセンターで開きました。

同月5日に本県を通過した台風5号の影響で落果が見られたものの、肥大、甘み、色づきとも良好で、8月末までに約220tが出荷されました。

9月4日からは幸水梨に代わり、甘みと酸味のバランスがとれた豊水梨を出荷しています。今年は8月の日照不足の影響で、昨年よりは生育が遅いものの、平年並みとのことです。県内と京阪神に向け、約350tの出荷を見込んでいます。

幸水、豊水ともあわら、坂井両市の約100戸が生産。生産者は適期収穫、防除を徹底し、品質の良い梨の出荷に努めています。