農機具の安全かつ有効稼動を学ぶ

2017年8月21日 [お知らせ]
info_170821-4.jpg

細呂木地区集落農営協議会は7月30日、機械作業の効率化と若手オペレーターの育成を目指し「機械作業の効率的稼働」に関する研修会を開催しました。

まず、金津支店で収穫ロスを減らすコツ、乾燥・籾すりのコツを映像視聴し、倒伏イネを刈り取るときのコンバイントラブルを学びました。視聴後、坂井農林総合事務所の担当者より事例をふまえた安全な農作業について説明を受けました。

次に金津支店敷地内大豆庫へ移り、(株)ヰセキ北陸坂井営業所担当者より、コンバインの作業注意点とメンテナンスを学びました。参加者は、最新のコンバインを目の前にして安全装置等の新設備を確認。「部品の交換を依頼することは可能か」「エンジンの点検はどこまでしたらいいのか」などと質問も飛び交いました。