県農政連坂井支部が草刈り要請

2017年7月13日 [お知らせ]
info_170713-8.jpg

斑点米の発生要因となるカメムシ類のすみかをなくそうと、県農政連坂井支部は6月6日、農家等で対応の困難な河川堤防や鉄道、国道及び高速道路のり面の除草について、協力を要請しました。

要請先は、えちぜん鉄道、JR西日本、中日本高速道路、国交省福井河川国道事務所。北島友嗣支部長をはじめ、各社のエリアに関係する県農政連役員らも赴き、鉄道沿線や道路、河川などの管理用地の計画的な除草を求めました。

日本穀物検定協会による食味ランキングによると、県産「コシヒカリ」は5年連続で特Aを獲得していますが、斑点米は格付けを下げる主な要因になるため、毎年、要請を行っています。