当JA職員が福井工大で「働き方」講演

2017年7月13日 [お知らせ]
info_170713-7.jpg

就職を控えた大学生に働き方について考えてもらおうと、福井工業大学の講義「キャリアゼミ」の講師として6月26日、当JA金融課の向井裕子課長が招かれました。

JAが進めてきた職場環境の改善に向けた取り組みなどを紹介しました。

同大学経営情報学科講師の段野聡子さんが講演を依頼。向井課長は「ワークライフバランス〜働き方と年金・社会保険」をテーマに、同学科の3年生に対し、当JAが子育て支援に力を入れ、くるみんマークを取得したほか、職員有志がQCサークルを立ち上げ、働きやすい職場づくりに取り組んでいることを伝え、「顧客満足度を上げるには、まず職員の満足度を上げることからという意識が職場全体に定着し、風通しが良くなった」と話しました。

また、公的年金制度の仕組みや老後に必要な生活費の目安についても示し、先取り貯蓄を勧めました。