里の子学校つくしんぼ 餅つき大会で締めくくり

2015年1月28日 [お知らせ]
info_150128-7.jpg

当JAフレッシュミズの会「きらら」による「里の子学校つくしんぼ」の26年度閉校式となる餅つき大会が12月7日、本店で開かれました。

親子で農業を実体験し、食の大切さを身をもって学ぼうというこの催し。本店横の田に参加者らがもち米を自ら植え付け、刈り取りを行いました。

その結果約40kgのもち米が収穫でき、この日参加した親子約40人が、自分たちの手で餅をつきあげ、楽しく食べることになりました。

蒸しあがったもち米が臼の中に置かれると、子供たちから「僕がつきたい」「私もやる」と次々に希望者が登場。交代で杵をふるい、ペッタンペッタンと力一杯餅つきに汗を流しました。

約1時間がかりでつきあがった餅は、おろしもち、きなこもち、あんこもち、海苔巻き醤油もちなどにしてその場で賞味。自分たちが作ったつきたての餅のおいしさに皆満足そうでした。