等級印・検査印・検査証明書を米袋に記載しています。

生産者自らが乾燥調整、もみずりを行い袋詰めをした米袋を、農業倉庫に集荷します。倉庫では、穀物検査資格を有しているJA職員が米袋からサンプルを抽出し、成熟割合・変色米・斑点米・異物混入・水分などをチェック。そしてそれぞれの基準に従い、等級を決定します。1級〜3級までの等級印と、検査日・検査者の明記した検査印を「検査証明書」に押します。

等級印、検査印
検査証明書