いまさら聞けない基本技術をおさらい!農場長が教えるJA花咲ふくい管内の稲作栽培 - 2

いまさら聞けない基本技術をおさらい!農場長が教えるJA花咲ふくい管内の稲作栽培

第2回目

  1. 平成29年4月5月の気象を振り返る
  2. 稲の生育状況
  3. 6月以降、栽培の管理とポイント
  4. 病害虫の発生状況と対策
  5. いまさら聞けないカメムシの話

●1 平成29年4月5月の気象を振り返る●

気温が高めで雨が少なく、藻の発生も見られた

4月の平均気温は、平年より0.9度高く、日照時間も平年比107%と多く推移しました。降水量は、中旬がかなり多く月全体でも平年比127%と多くなりました。昨年同様気温が高めに経過したため育苗管理には苦労したと思います。

5月上旬の平均気温は平年より0.7度高かったものの日照時間は平年並み、降水量は平年比65%と少なめに推移しました。
5月中旬の平均気温は昨年同様平年より1.1度高く日照時間も平年比143%と多く、降水量は、平年比24%と平年より少なく推移しました。
5月下旬の平均気温は平年より2.6度高く、降水量は平年並みから少なめ、日照時間は平年並みとなりました。田植え時には、毎年、低気圧の影響により強風が発生し作業に支障をきたしましたが本年は全体的には順調に推移しました。平年より気温が高めに経過、また雨が少ないこともあり藻の発生が例年に比べ目立ちました。

●2 稲の生育状況●

ハナ・コシ・アキ、いずれも順調

ハナエチゼン、コシヒカリ、あきさかりいずれの品種も

  • 5月が高温に推移
  • 4,5半旬が降雨少なく日照も多め

が影響し、順調に推移しています。
品種別についてみると、

◎ハナエチゼン...安定した天候の影響をうけ、ほぼ平年並みの茎数です。茎数が確保されたら、溝切りを実施することが重要です。

◎コシヒカリ・あきさかり...5月中旬植えのコシヒカリなども順調に生育しています。浅水管理により分げつを促進しましょう。

◎直播のコシヒカリ...昨年同様発芽苗立ちは、早く良好です。

平成29年6月1日調査

  ハナエチゼン
農試 坂井
農場
現地
移植
5/2
移植
5/1
移植
4/29
草丈
(cm)
本年 27.0 27.0 27.2
平年 24.8 26.1 23.8
茎数
(本/m²)
本年 431 318 242
平年 297 263 219
葉齢
(枚)
本年 7.4 6.8 6.8
平年 7.0 6.8 6.3
葉色
(葉色板)
本年 4.5 5.1 4.8
平年 4.8 5.0 4.5
  コシヒカリ
農試 坂井農場 現地・慣行 現地・特別栽培
移植
5/19
直播
5/9
移植
5/15
直播
5/8
移植
5/15
直播
5/3
移植
5/27
直播
5/8
草丈
(cm)
本年 26.6 24.6 25.4 18.1 24.6 21.9 11.6 16.4
平年 21.6 15.5 25.4 20.0 21.7 20.1 21.6 21.7
茎数
(本/m²)
本年 154 55 111 102 88.1 181 45 99
平年 94 93 125 170 106 143 90 166
葉齢
(枚)
本年 4.8 3.8 4.8 3.8 4.3 4.2 2.8 3.0
平年 4.4 3.3 5.0 4.2 4.6 4.1 4.9 4.4
葉色
(葉色板)
本年 3.4 3.3 4.1 3.8 3.6 3.9 3.5 3.3
平年 3.5 3.7 4.1 4.0 3.7 4.0 4.1 3.8
  あきさかり
農試 坂井
農場
現地
移植
5/2
移植
5/15
移植
5/17
草丈
(cm)
本年 25.2 22.0 23.3
平年 25.2 22.0 22.7
茎数
(本/m²)
本年 435 138 81
平年 300 105 169
葉齢
(枚)
本年 7.3 4.8 5.1
平年 6.9 4.7 6.0
葉色
(葉色板)
本年 4.3 3.9 3.8
平年 4.7 3.9 4.5

●3 6月以降、栽培の管理とポイント●

適期の溝切り、中干しの実施、除草剤の適正使用を

気象庁が発表した6月から8月の3カ月予報によると、全国的に暖かい空気に覆われやすく、盛夏期には太平洋高気圧が本州付近に張り出しやすくなります。このため向こう3カ月の気温は全国的に高い見込みとのことです。
現在の稲の生育は、いずれの品種も分げつの確保は順調です。今後適期の中干し開始によって「良い茎を確保し」「穂揃いの良い稲姿を作り」「登熟能力の高い稲」に仕上げていく必要があります。

◎ハナエチゼン
浅水管理で分げつ促進。22本/株程度確認されたら溝切、中干しの適期実施
目標茎数 400本/m²

◎適期田植のコシヒカリ、あきさかり
水深2から3cm程度の浅水管理で分げつ促進
コシヒカリ目標茎数 350〜380本/m²、あきさかり目標茎数 420本/m²

◎直播コシヒカリ
当面浅水管理を行い茎が100本/m程度確保されたら溝切、中干しの適期実施。直播は移植に比べ葉齢が小さく草丈も小さいうちに分げつが増加するので、早めに茎数を確認すること。

苗立ち本数が多い圃場や例年茎数が急速に増加する圃場では、中干しだけでは、茎数過剰を防げない。この場合、深水管理を行うのも1つの方法です。(農試情報)

▼除草対策

使用基準(使用時期、使用量、水管理方法等を)を守りましょう

本年も暖冬の影響によりカメムシの発生が多くなることが懸念されます。そのすみかとなる畦畔等の除草に地域ぐるみで計画的に取り組みましょう。

県下一斉の畦畔草刈り実践デー
1回目 6月17日(土)・6月18日(日)
2回目 7月1日(土)・7月2日(日)

●4 病害虫等の発生状況と対策●

病害虫 発生状況と対策
葉いもち葉いもち
  • 農試の予報では、平年、前年より多い見込み。
  • 圃場に放置されている補植用苗は、補植後は早急に除去
  • 圃場で発生が確認された場合は、治療効果のある薬剤により防除
ニカメイチュウ葉いもち
  • 6月に発生する第一世代の幼虫は芯枯れや変色茎の被害をもたらす。
  • 5月中旬のフェロモントラップ調査では、越冬世代成虫の発生は平年より早く、第一世代幼虫の発生も平年より早くなる予想で、防除適期は、平年より早く粒剤が6月初め、粉剤が6月上旬ごろ
  • 稲に白穂等の減収をもたらすのは8月以降に発生する第2世代の幼虫で、直播では、特に注意が必要。7月中旬ごろが防除のポイント
その他(除草)
  • 雑草の発生は、圃場の高低差、水管理の不備が要因。
  • 除草剤の安定した効果を得るためには、散布後7日間は、落水やかけ流しはしないこと
  • 本田除草に加え、斑点米等の被害を軽減するためには、水田周辺の草刈り等が重要
  • 雑草の取りこぼしがある場合は、発生している草種に合わせ中期除草剤や後期除草剤を散布。
  • 主としてヒエ...クリンチャー、スケダチ粒剤、クリンチャーEW
  • 広葉雑草等...バサグラン粒剤、バサグラン液剤
  • ヒエと広葉雑草等...クリンチャーバスME、フォローアップ、ワイドアタック
  • クサネム、イボクサ...ノミニー液剤

▼トピックス 農場での新しい取組み「いちほまれ」を育てています

コシヒカリを超えるおいしいおコメ「いちほまれ」は、おいしくて、環境にやさしいおコメです。その特徴は

  1. 絹のような白さと艶
  2. 口に広がる優しい甘さ
  3. 粒感と粘りの最高の調和です

本年度、県下で約120ha、131名の認定された生産者等により栽培されています。
坂井農場も20a栽培し皆様に生育情報を提供していきます。

2017年6月1日の生育状況

  • 草丈 28.7cm
  • 茎数 78本/ha
  • 葉色 3.7

草丈はコシヒカリと同様。葉色は品種特性としてやや淡い状況です。

●5 いまさら聞けないカメムシの話●

カメムシってなに?どんな成長をするの?

知っているようで知らないカメムシたちの正体を知りましょう。

ニカメイチュウの生態と水稲の生育の図

問1 カメムシ類はどれぐらい種類(仲間)がいるでしょうか?

  • A 10種
  • B 40種
  • C 70種

答 Cの70種。イネの穂を吸汁して斑点米をもたらすカメムシ類は、約70種もいます。その大半が、イネ科植物だけをエサとしています。

問2 福井県で発生する斑点米カメムシ類はつぎのうち、どれでしょうか?

  • A アカスジカスミカメ
  • B アカヒゲホソミドリカスミカメ
  • C トゲシラホシカメムシ
  • D ホソハリカメムシ
  • E クモヘリカメムシ

答 すべて。福井県内で、発生するカメムシ類はアカスジカスミカメ、アカヒゲホソミドリカスミカメ、トゲシラホシカメムシ、ホソハリカメムシ、クモヘリカメムシです。近年は、耐寒性の高い卵で越冬するアカスジカスミカメが優先種となっています。

問3 斑点米カメムシ類は、冬、どのような形態で冬を越すのでしょうか?

  • A 卵のまま
  • B 成虫

答 AもBもいる。アカスジカスミカメ、アカヒゲホソミドリカスミカメは卵で、トゲシラホシカメムシ、ホソハリカメムシ、クモヘリカメムシなどは成虫で越冬します。

問4 越冬場所は次の内どこでしょうか?あてはまるものをすべて答えなさい。

  • A 水田
  • B 民家の軒下
  • C 水田近くの雑木林
  • D 水田近くのがれきの下

答 CとD。越冬場所は、種類によって異なりますが、成虫で越冬するものは水田近くの雑木林の落葉や瓦礫の下、アカスジカスミカメムシ類は、雑草地のイネ科雑草に産卵されそのまま越冬します。

問5 1年の発生回数は次の内どれでしょう?

  • A 1回
  • B 3回
  • C 5回

答 BとC。アカスジカスミカメは卵で越冬した幼虫が5月下旬に成虫になります。大体1年に5回発生。成虫で越冬するクモヘリカメムシなどは、3月に卵と精子を作り始め大体1年に3回発生します。何度も発生しますので防除を確実に行いましょう。

問6 近年、斑点米の発生量が増えています。その理由を選びなさい。

  • A 水田エリアにイネ科雑草地が多いから
  • B 本田防除を行う回数が減っているから
  • C 越冬できるところが多いから
  • D 暖冬の影響

答 すべて。雑草地が多く、暖冬のため越冬しやすい気候も原因のひとつです。

◎カメムシを減らすポイント1...越冬後の数を少なくする

斑点米カメムシ類は、イネ科植物の種子から栄養を摂取し発育します。卵からふ化した幼虫は、水分だけで1令幼虫になりますが、イネ科植物がないとそれ以上発育できず死亡します。カメムシ類の餌になるイネ科雑草を無くすことが、発生量を増やさない重要なポイントです。

◎カメムシを減らすポイント2...水田内外の雑草管理

  • 畦草のイネ科雑草は種がつかないように初期除草は確実に
  • 水田内のイネ科雑草は早めの抜き取り―除草剤の効果的使用

問7 効果的な草刈りの時期はいつでしょう?

  • A 5月中
  • B 6月中旬
  • C 7月上旬
  • D 7月中旬

答 BとC。アカスジカスミカメの寿命は約20日程度といわれています。このため県では、ハナエチゼンの出穂前の最も効果的な時期に2回の一斉草刈りデーを設置しています。
稲が出穂した後の畦畔の草刈りは、カメムシを本田に追い払うことになるため逆効果です。その後は農薬防除で対応しましょう。

県下一斉の畦畔草刈り実践デー
1回目 6月17日(土)・6月18日(日)
2回目 7月1日(土)・7月2日(日)

農場長ニュース
7月1日に「坂井農場参観デー」を行います。
いちほまれの生育も確認できますよ。ぜひ来てください。

水田センサー

いちほまれの圃場に水田センサーを設置しました。この装置は、気温、水温、水深等を自動的に測定するものです。自然条件と稲の生育(草丈、分げつ)の関係をより明確に調査するためのものです。農場をはじめ県下7ケ所に設置しております。